×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


《比翼の雛恋〜義高と大姫〜》



時は平安末期。源平合戦最中の、寿永二年(1183年)。

平家に反旗を翻した二人の源氏、木曾義仲と源頼朝はこの時、対立関係にあった。

しかし頼朝の勢力は強力無比。義仲は圧力に屈し、息子の義高を、人質として差し出すことを決める。

頼朝の娘婿という名目で、義高を鎌倉に送り、事態の収拾を図ったのだった。

そして同年の春。

鎌倉に入った義高が出会ったのは、彼を頑なに拒む幼き妻、大姫だった。




序章


一章

二章

三章

四章

五章


終章


戻る